救命救急データベース

救命救急センター向け電子的診療台帳システム 『救命救急データベース』

救命救急データベースの導入フロー

デモ実施・お打ち合わせ

デモ機・資料を持参し,実際にご覧いただきながら, イメージを掴んで頂き,お客様の業務に適用可能か確認して頂きます。



導入計画策定・ご契約

お客様には「体制づくり」「環境づくり」「目標づくり」の3つを進めていただき,ご一緒に導入スケジュールを検討させて頂きます。
また, 内容をご確認の上,利用申込書に捺印をお願いいたします。


【体制づくり】

・センター長様のリーダーシップと導入コンセプトの決定

・導入責任者と担当者様の決定と全権委任する体制

・非推進派に配慮しながら、実運用においてシステム化する作業範囲を明確化


【環境づくり】

・システム導入のメリットをトップダウンで周知

・システム運用の徹底をトップダウンで周知

・各部門のチーフ⇒導入担当者様というラインの徹底


【目標づくり】

・提案システムと運用概念図の理解

・職員様への周知と教育

・ベンダーへの指摘・要求


導入・設定・操作方法のご説明

サーバーを設置し,スタッフ様,ナース様,外来受付クラーク様にご参加頂き,講習形式で操作方法をご説明いたします。
必要があれば,順次コ・メディカル様にも展開いたします。


仮運用開始

スタッフ様,ナース様,外来受付クラーク様が本稼動前に最終動作確認と実操作練習を自主的に行ないます。



運用開始

いよいよ運用開始となります。必要があれば,稼働日は弊社技術者が立会いをいたします。



書類などの取り交わし

検収確認していただき,必要書類が取り交わされる流れとなります。



救命救急データベースの導入費用

システム導入時 費用
基本導入費用一式
別途お見積り
サブセット版導入費用一式
別途お見積り
カスタマイズ費用
別途お見積り

サブセット版とは、重篤患者抽出の機能に主眼を置き、退院時サマリーや中毒・外傷入力、看護関係の出力機能等を省いて、導入していただきやすくしたバージョンになります。
機能につきましては、
・患者登録
・初療室メモ⇒入力
・病名入力(18項目の病名設定)
・転帰入力
・重篤患者抽出機能
の5つの機能が基本となります。



使用料・保守 費用
(半年毎の契約となります)
システム使用料 (1ヶ月)
50,000円 (税抜)
オンサイト保守 (1ヶ月)
100,000円 (税抜)
センドバック保守 (1ヶ月)
50,000円 (税抜)

※1:病院内システムとの連携が必要な場合は別途お見積もりが必要になります。
※2:規定回数を超えた技術者・オペレータ派遣にともなう、交通費・宿泊費が別途必要になります。
※3:ハードウェアの保守料金は、使用料に含まれます。

オンサイト保守について

1) 電話、メールによるお問い合わせは、弊社営業時間中随時受け付けいたします。

2) 3ヶ月に一度、御院にお伺いして点検・保守業務を行います。

3) 障害発生時、当日または翌営業日に代替機を持って御院にお伺いいたします。


センドバック保守について

1) 電話、メールによるお問い合わせは、弊社営業時間中随時受け付けいたします。

2) 障害発生時、梱包して弊社にご送付いただきます。弊社への発送料金は御院のご負担となります。

   弊社到着後、弊社にて対応し修理完了後、御院にご送付お伺いいたします。完了目安は最短でも3日となります。